2014/9/10 水曜日

9月9日9時9分から15寺院で平和の鐘つき 「9条守って 戦争しない国づくりを」と88人参加 (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 8:54:09

高梁9条の会(代表世話人・靍理恵子氏ら5)は、憲法9条の「9」にちなみ、9日午前99分から、「憲法9条を守り生かそう」の決意をこめ、15寺院でいっせいに「平和の鐘つき」を行いました。

「平和の鐘つき」は、毎年同じ日時に行っているもので今回で5回目。

この日、各寺院には、会員、市民ら合わせて88人が参加し、戦争で犠牲になられた方々への黙祷をささげたあとみんなで9つの鐘をつきあいました。

各寺院では、住職から「平和の鐘つきは有意義なこと、これからも継続してほしい」、「戦争を2度とさせてはなりません」などと語られました。重源寺(川上町)では住職が「兄も戦争の犠牲になった、思い出すと心が痛み無念でならない、私たちは宗門(真宗大谷派)あげて『不戦決議』をしています。みなさんと思いは同じです」と挨拶。ほかの寺院の住職からも「安倍さんの言動を見ていると気分が悪くなります」「武力では平和になりません、いまの政治の流れに警鐘を鳴らしましょう」などと語られ、「会の活動に使ってほしい」と募金を寄せられた寺院もありました。

また、参加された市民からは「家を出るとき孫に『あんたが戦争に行かんでもえぇように鐘をついてくるから』と言って来ました」「平和の鐘つきはすばらしいこと、日本中のお寺で一斉に鐘をつき、参加者ももっと増えればいいですね」などとそれぞれの思いが語られていました。

     【平和の鐘つきにご協力いただいた寺院と参加者数】   (順不同)

協力寺院

住  所

参加者

協力寺院

住  所

参加者

                                               

※高梁9条の会は、9月27()108回目の共同行動(成羽地域の各戸を訪問して宣伝・対話・署名)を予定しています。【会事務局:小阪記】

2014/8/13 水曜日

一般質問の制限に抗議と申し入れ 議長「私の勇み足 今後は制限しない」 (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 8:46:03

日本共産党高梁市委員会(三上孝子委員長)と同市議団(難波英夫 石部誠市議)らは813

日、一般質問の制限に対する抗議と正常・公正な議会運営を求めて、市議会議長室で小林

重樹議長、植田二郎副議長と会談しました。 

この会談は、先の6月市議会で難波市議が「集団的自衛権行使容認について」の一般質問中、議長が「国政の問題なので質問回数を1回とする」と質問を制限したことに対して「議員固有の権能である議場での発言権を不当に侵し、議会制民主主義を危うくする重大な問題。国の政策のすべてが市政と市民の暮らしや平和に関わっており質問制限の根拠は全くない」として事前に申入書を提出して議会運営の是正を求めて行われたものです。

席上、議長は「申入書で指摘されているとおりです。質問回数を制限したことは私の勇み足でした。今後は制限しません」と述べました。

会談の中で議長が「会議規則で「一般質問は、市の『一般事務』について行うことになっているので国政問題を質問する場合、市政や市民とのかかわりについて発言してほしい」と述べました。

これに対して党と議員団は、従来から国政問題も活発に議論されてきた事実を示すとともに「そもそも『一般事務』とは『市政全般』のことであり、議員自身の考え・信念にもとづき、行政に対して市民の暮らしと平和の要求・願いを自由かつ達に伝えるとともに、行政のあり方や市長の政治姿勢を質し・チェックして政策提言を行うもの。質問項目や質問の仕方云々など議長の私的な見解によって発言制限をすべきでない」ことを強調しました。

なお、党と市議団は議長に「今日の会談で一致した内容を踏まえ、9月議会でその旨報告するよう」求め、議長は「前向きに検討する」と約束しました。

 

2014/8/4 月曜日

高梁9条の会がスーパー前で106回目の共同行動 自衛隊員のお母さんも署名  (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 9:15:17

高梁9条の会は730、市内のスーパー・ポルカ天満屋ハピータウン前で106回目の共同行動を行ない、憲法9条を守る宣伝と対話をしながら署名を訴えました。

共同行動には、時光重孝代表世話人をはじめ2人が参加。 約1時間で83人から署名が寄せられました。これで会に寄せられた署名累計は10,125となり、目標(有権者の過半数)71.3%に達しました。またこの日は、アピール「集団的自衛権行使は戦争する国への道 ・ 絶対に許しません」を掲載した会のニュース約200枚配りました。

スーパー前では、買い物を急ぐ人が多い夕方でしたが、会員の「戦争しないことを決めている憲法9条を守る署名です」「集団的自衛権行使に反対しましょう」「若者を戦地へ行かせないようご一緒に」などの元気な呼びかけに多くの市民が応えていました。

署名する人の中には「息子が自衛隊員なんです」「息子夫婦2人とも自衛官です」と話しながら署名するお母さん(それぞれ50)もあり、対応した会員は「わが息子たちの無事を願いながら真剣に署名されているようだった」と感想を述べていました。

一方、署名に応じない人の中には「私は現役の自衛隊員です、戦争に行くのも有りです」と言いながら通りすぎる若者や「中国や北朝鮮の動きをみると、日本も武力が必要では」と語る人(60代男性)もいました。

行動に参加した会員からは共通して「市民の反応が今までになく敏感で好意的だった。安倍政権の集団的自衛権行使容認の閣議決定の危険さが反映していると思う」などの感想が述べられました。

◇    ◇    ◇

次回の共同行動107回目は、823()10:00から、成羽地域を各戸訪問して宣伝・対話・署名活動を行う予定です。(集合 9:30高梁市職労 または10:00市成羽地域局前)

 


2014/7/2 水曜日

新婦人と共産党共同で「解釈改憲閣議決定」に怒りの宣伝 高梁9条の会も安倍首相と自民・公明へFAXで抗議文送付 (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 19:31:05

新日本婦人の会高梁支部と日本共産党高梁市委員会は1日夕方、JR高梁駅前で、「集団

的自衛権行使容認・解釈改憲の閣議決定」に対し抗議と怒りの共同宣伝行動を行いました。

行動には8人が参加。相互に街頭宣伝のマイクを持ちあうとともに「戦争をしないと誓った憲法9条を壊さないで」のチラシを配りながら、通勤・通学の人と対話をしました。

 ほとんどの人がチラシを受け取り、「がんばって、ごくろうさん」などの声や、マイクを持つ参加者に、車の中から手を振る姿が目立ちました。さらに、訴えを聞いていた若者2人は「僕らも戦争に行くようになるんですか」と尋ね、参加者の説明にうなずいたあと、一緒にチラシを配ったりブラスターを持つ場面もありました。

 なお、高梁9条の会は、閣議決定を受けた1日夕方、安倍首相と自民・公明両党に対して、FAXで抗議文を送付しました。

 

2014/6/28 土曜日

高梁9条の会が〝9条守れ〟と105回目の共同行動 署名数 1 万人突破 有権者過半数の70 %に (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 19:43:43

高梁9条の会は626、市内のスーパー・イズミゆめタウン前で105回目の共同行動を行ない、買い物に訪れる市民に「戦争の放棄を定めた憲法9条を守らせよう」「若者を戦地におくる集団的自衛権行使に反対しましょう」と元気に声かけをしながら署名を訴えました。

またこの日は、68日に開催した、会結成9周年市民の集いで採択したアピール文「平和といのちを大切にする社会を子どもや孫たちへ」と集いの模様を掲載した会のニュースを配りました。

共同行動には、逸見良安、時光重孝代表世話人をはじめ、初参加の会員を含め4人が参加。約1時間で122人の署名が寄せられました(この日、会員が持ち寄った40筆を含む)。これで会に寄せられた署名累計は、10,042人となり、当面の目標にしている有権者の過半数(14,195)70.7%に達しました。

  会員の署名訴えに対して、多くの市民が「がんばってください、ごくろうさんです、安倍さんは怖いですね」などと応えていました。また、両手に持った買い物袋を会員に預けて署名する人、会の幟を見て立ち寄る人や、「家族の名前も書かせてください」と積極的に署名する人もありました。

行動に参加した会員からは「市民の反応が今までになく敏感で好意的だった、解釈改憲で戦争する国づくりを進める安倍政権の暴走の危険さを反映していると思う」「女性の関心の高さが目立った、特に子ども連れの若いお母さんの反応が良かった」などの共通した感想が述べられました。

一方、黙って足早に通り過ぎる人、「私は署名しません」と署名を断わる人など、対話ができない残念なケースもあり、会員は「これからも、9条の大切さをもっともっと多くの市民へ知ってもらおう」と決意しあいました。

◇    ◇    ◇

次回の共同行動106回目は、730()18時から、スーパー・ポルカ前で、宣伝・対話・署名活動を行う予定です。

 

 

2014/6/9 月曜日

高梁9条の会結成9周年市民の集い アピール採択“戦争する国づくりを許しません”「集団的自衛権使ったらダメ」と安倍首相と各政党へ送付 (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 19:47:16

梁9条の会6月8日、高梁総合文化会館で「結成9周年市民の集い(兼総会)」を開き、済渡寺(さいどうじ)住職 逸見良安さんの講演 「仏教と平和を語る」、笠木透さんと雑花塾のライブ、戦時下の生活用品展示などの多彩な催しに会場いっぱいの約100人が集いました。

集いでは、市役所会員有志が創作した「高梁9条の会の歌」を元気に合唱して開幕。

開会の挨拶で靍理恵子代表世話人(吉備国際大学准教授)は、「若者を戦場に送るようなことは絶対にあってはなりません。手を携えてがんばりましょう」と訴えたあと、総会では、会員が個人・団体あわせて116人になったこと、市民から寄せられた9条を守る署名が9,852人になり目標(有権者の過半数)の69%に達したことが報告されました(2014年3月末現在)。

新年度の活動計画では、毎月の宣伝・対話・署名の共同行動の継続、平和の鐘つきなどの取り組みが確認されたあと、集団的自衛権の行使は戦争する国づくりへの道・絶対に許しません! 平和といのちを大切にする社会を子どもや孫たちへ」と題するアピールを採択しました。アピールは共同行動などで市民に届けるとともに、安倍首相、衆参両院議長、各政党とへ送付することにしています。

            

参加者からは「今日の集いは、最もタイムリーな企画で大変意義深かった」(40代男性)、「日本が二度と加害者にならないため9条を守らなくてはと思った(50代女性)、「仏教の教えの基本に『平和』があること知り心強よく感じた」(60代女性)、「同じ年代の笠木さんの素晴らしい歌と平和への語りに感動して涙が・・」(60代男性)などの感想が寄せられました。

また、当日は会へ2人加入し、34人から9条守る署名と多くの参加者から活動募金が寄せられました。また、高梁市の近藤隆則市長と平田守教育長から激励のメッセージが寄せられるとともに、山陽新聞や地元の吉備ケーブルテレビで、事前、当日の取材・報道がありました。

◇      ◇      ◇

次回の共同行動105回目は、6月26()午後6時から、スーパー・イズミ前で行う予定です。

                              (高梁9条の会事務局)

高梁9条の会結成9周年市民の集い アピール採択“戦争する国づくりを許しません”「集団的自衛権使ったらダメ」と安倍首相と各政党へ送付 (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 19:47:15

梁9条の会6月8日、高梁総合文化会館で「結成9周年市民の集い(兼総会)」を開き、済渡寺(さいどうじ)住職 逸見良安さんの講演 「仏教と平和を語る」、笠木透さんと雑花塾のライブ、戦時下の生活用品展示などの多彩な催しに会場いっぱいの約100人が集いました。

集いでは、市役所会員有志が創作した「高梁9条の会の歌」を元気に合唱して開幕。

開会の挨拶で靍理恵子代表世話人(吉備国際大学准教授)は、「若者を戦場に送るようなことは絶対にあってはなりません。手を携えてがんばりましょう」と訴えたあと、総会では、会員が個人・団体あわせて116人になったこと、市民から寄せられた9条を守る署名が9,852人になり目標(有権者の過半数)の69%に達したことが報告されました(2014年3月末現在)。

新年度の活動計画では、毎月の宣伝・対話・署名の共同行動の継続、平和の鐘つきなどの取り組みが確認されたあと、集団的自衛権の行使は戦争する国づくりへの道・絶対に許しません! 平和といのちを大切にする社会を子どもや孫たちへ」と題するアピールを採択しました。アピールは共同行動などで市民に届けるとともに、安倍首相、衆参両院議長、各政党とへ送付することにしています。

            

参加者からは「今日の集いは、最もタイムリーな企画で大変意義深かった」(40代男性)、「日本が二度と加害者にならないため9条を守らなくてはと思った(50代女性)、「仏教の教えの基本に『平和』があること知り心強よく感じた」(60代女性)、「同じ年代の笠木さんの素晴らしい歌と平和への語りに感動して涙が・・」(60代男性)などの感想が寄せられました。

また、当日は会へ2人加入し、34人から9条守る署名と多くの参加者から活動募金が寄せられました。また、高梁市の近藤隆則市長と平田守教育長から激励のメッセージが寄せられるとともに、山陽新聞や地元の吉備ケーブルテレビで、事前、当日の取材・報道がありました。

◇      ◇      ◇

次回の共同行動105回目は、6月26()午後6時から、スーパー・イズミ前で行う予定です。

                              (高梁9条の会事務局)

2014/5/3 土曜日

「憲法9条守ろう」と103回目の共同行動 川上地域の各戸訪問で対話と署名 (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 12:55:30

高梁9条の会は4月27日午前、市内川上町の各戸を訪問。

6月8日開催の「会結成9周年市民の集い」の案内チラシを配りながら会のニュースを配りながら対話・署名の共同行動を行いました。毎月の共同行動は今回で103回目。行動には12人が参加し約1時間で27人から署名が寄せられました(写真)

高梁9条の会に託された署名累計は9879

人になり、目標(有権者の過半数)69%です。

「勝手な解釈で9条をなしくずしてはダメ」


訪問宅では、戦時中の悲惨さを経験されているお年寄りから「あなた方は良いことをされている、がんばってください、戦争は絶対にいけませんから」

などの賛同と励ましが。

また60

代の男性は「今の世の中はおかしい。憲法を都合のいいように勝手な解釈したら、憲法はないもんと同んなじじゃ」などと話し、丁寧 に署名に応じていました。

 

一方、署名に応じない市民からは「北朝鮮や中国の動きを見たら何らかの備えが必要」「武力を持たないといっても、すでに今の自衛隊は武力を持っている」 などの率直な意見も出され対話がはずんでいました。


☆行動のあと「わらび狩り」を楽しみました☆

当日は、約1時間の宣伝・対話・署名行動を終えたあと、川上地域在住の会員の案内で「わらび狩り」を、またツツジが満開の弥高山で食事をするなど、

楽しくて、リフレッシュになる有意義な一日でした。

104回目の共同行動

2014529()

高梁駅前で

18時から約1時間、宣伝・対話・署名活動を行います。当日は「6月8日開催の会結成9周年市民の集い」の案内チラシも配布します (現地集合)

会員のみなさんの積極的なご参加をお待ちしています。

 


2014/3/29 土曜日

 高梁9条の会が102回目の共同行動 成羽地域訪問で対話と署名の訴え (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 18:30:41

高梁9条の会は329日午前、市内成羽地域の各戸を訪問して会のニュースを配りながら対話・署名の共同行動を行いました。

毎月取り組んでいる共同行動は今回で102回目。8人が参加し、約1時間で25人から署名が寄せられました。

これで、高梁9条の会に託された署名累計は9,852人になり、目標(有権者の過半数)69%になりました。

ほとんどの訪問先で「戦争はいけませんから」と署名に応じられるとともに「ごくろうさんです、がんばって」の声や、署名したあと「近所の家にも声をかけてあげるから」と同行してもらうなど会員は大きな励ましを受けました。

対話の中で、何人かの年配の女性から、父や叔父が満州から命からがらに帰還したこと、戦時中の家庭を守るために苦労したことなど戦争の悲惨さが話されました。また会員が、安倍首相の集団的自衛権行使容認など戦争する国づくりへの暴走政治の実態を話すと「そのとおりですね、うちの息子も『安倍さんは恐ろしい』と言ってます」と応じていました。

 

なお、次回(103回目)の共同行動は、4月27()9:30から、宣伝・対話・署名活動のあと、わらび狩りや会結成9周年事業についての話し合いなど楽しい食事会を予定しています。(集合:午前9時20分 高梁市川上地域局前)

6月8日()会結成9周年市民集い(兼総会)

◇と き 2014 68() 午後1時30分~

◇ところ 高梁総合文化会館 レクチャールーム(2階)

内 容 ・記念講演「仏教と平和を語る」(済渡寺住職 逸見良安さん)

・「笠木透と雑花塾」のライブ 

・戦時中の生活用具展示

 (どなたでも参加できます。お気軽にぜひご参加ください=入場無料)

 

6月8日()会結成9周年市民集い(兼総会)

◇と き 2014 68() 午後1時30分~

◇ところ 高梁総合文化会館 レクチャールーム(2階)

内 容 ・記念講演「仏教と平和を語る」(済渡寺住職 逸見良安さん)

・「笠木透と雑花塾」のライブ 

・戦時中の生活用具展示

 (どなたでも参加できます。お気軽にぜひご参加ください=入場無料)

 

6月8日()

会結成9周年市民集い(兼総会)

◇と き 2014 68() 午後1時30分~

◇ところ 高梁総合文化会館 レクチャールーム(2階)

内 容 ・記念講演「仏教と平和を語る」(済渡寺住職 逸見良安さん)

・「笠木透と雑花塾」のライブ 

・戦時中の生活用具展示

 (どなたでも参加できます。お気軽にぜひご参加ください=入場無料)

 


2014/3/4 火曜日

共産党市委員会と市議団が、新年度予算要求で近藤高梁市長と懇談 (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 14:25:07

日本共産党高梁市委員会と高梁市議団は33日、2014年度予算について近藤隆則市長と懇談しました。市側から市長と山口利弘政策監が、共産党からは三上孝子市委員長、難波英夫、石部両市議など10人が出席しました。

懇談会では、昨年末提出していた共産党の要求と提言(70項目)」に対する市の文書回答を受け取り、市長の政治姿勢など重点項目を中心に話し合いました。

懇談の中で、党の出席者から、市民いじめの国の政策に対してモノの言える行政、中山間地域における農業振興策、定住対策、「自助・互助・公助」という名で公的責任を曖昧にしている問題などが指摘されました。

その中で市長は、「国に対して必要なことは言う。特に、『公務員給与の削減に応じたかどうかで補助金配分に格差をつける』と言う国の方針は問題がある。地方自治の根幹にかかわることなので何らかの方法で国へモノを言う」。また、農地中間管理機構については「中山間地域の農業を振興させるうえで疑問がある」などの見解を示しました。

なお今後、具体的要求・提言について各部署と懇談することを確認しあいました。

 

2014/3/2 日曜日

高梁9条の会が「集団的自衛権容認はんたい」の声明を首相と各政党へ送付 (0 Comments)

Filed under: よろず記録帳 — seibu-tiku @ 19:28:53

集団的自衛権行使による

『戦争する国』づくりに反対します

   (高梁9条の会の声明)

 

安倍首相は国会答弁で、従来政府が憲法上認められないとしてきた「集団的自衛権行使の容認を閣議決定する」と述べました。これは、『戦争する国』づくりへ大きく踏み出すものであり、高梁9条の会はこれに断固反対します。

首相主導で解釈改憲に踏み切ることは、憲法9条のあり方を根本的に否定し、国家による権力の乱用から国民の自由と権利を守る」という立憲主義を否定するものです。

また、国会答弁での「私が決める」という発言は、選挙で勝てば自由に解釈を変更できるかのような、おごりに満ちた暴言であり決して許せません。

今日まで、自衛隊の行動は「集団的自衛権の行使は違憲」という政府解釈で、インド洋やイラクへ派兵しても、武力行使が伴わないよう制限されてきました。

そうした積み重ねを捨て去り、今、集団的自衛権の行使を可能にすることは、アメリカが引き起こす戦争に参加させられ、外国の人を殺し、日本国民も殺される危険な道へ突き進むことを意味します。

私たちは、憲法9条および政府見解において禁じてきた、集団的自衛権の行使容認に強く反対するものです。

 

2014228

 

内閣総理大臣 安倍晋三殿

政  党  各  位

 

高梁9条の会(憲法9条を守る高梁地域の会)  

岡山県高梁市松原通2043 0866-22-5360